<< 挨拶強化月間@本社技工所 | main | フットサル再開!! >>
リテーナーデンチャーの有効性
0

    今回はリテーナーデンチャーの有効性をご紹介します。


       訪問診療では限られた設備や材料で修理修復ができることが有効です。

    通常の義歯では鉤歯が使えなくなると他の歯へ維持装置を追加することになりますが、

    リテーナーデンチャーは、エンジンと即重レジンだけでほとんどの対応ができます。

     

       重度の歯周病の場合、動揺歯の鉤歯にクラスプがかけられません。

    抜歯して総義歯になる前に、歯を抱え込む効果があるリテーナーデンチャーは、

    歯を抜く前の最後の方法として有効です。

    (これで動揺が止まり3年経過している報告もあります)

     

       咬合が挙上されることへ懸念されますが、訪問診療を受ける方や、

    重度歯周病の患者さんは咬合崩壊を起こしているケースが多く

    1.0mm以上の挙上は臨床であり得る、むしろするべき(即重を盛って調整する)との報告もあります。

    逆に健全な残存歯が多く顎位がしっかりしていればワイヤー補強で咬合面を空ける方法もあり、

    様々な臨床ケースで対応が可能です。

     

     


    JUGEMテーマ:歯科技工

     

    | デンチャー(入れ歯) | 09:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする